トップ > 緊急情報

緊急情報

緊急情報

警報発令時の措置について

 「大雨」「洪水」「暴風」等の気象警報が「奈良県北西部」あるいは「自分の居住地域」に発令されている場合。

  1. 午前7時に警報が発令されている場合は自宅で待機します。
     (考査期間中や午前中授業の場合は、この時点で家庭学習とします。)
  2. 午前10時までに警報が解除され登校が可能な状態となった場合は、その時点で登校します。
  3. 午前10時以降に警報が解除された場合は家庭学習とします。
  4. 登校途中で警報が発令されたことを知った場合は、その時の自己判断により帰宅するか登校するか安全な方法をとってください。登校・帰宅のどちらも不可能な場合は、安全な場所で待機し危険の去るのを待ってください。
  5. 学校において授業中警報が発令された場合は、学校長が状況判断の上、帰宅するまで危険がないと予想されるときは、注意を与えて、即刻帰宅させます。
     ただし、遠隔地通学生徒等で帰宅するまでに危険が予想されるときは、職員の指導のもとで危険が去るまで学校で待機させます。

なお、「注意報」発令下においては、十分安全を確認して登校してください。

▲ページトップへ