吟詠剣詩舞部
クラブ紹介

 

 

部員数

   女子( 10  )名

活動日・活動場所

毎週月・水・金:グループレッスン室
※ 橿原高校と合同練習する日もあり

活動内容

毎年全国大会に出場します。
橿原高校との合同練習を行い、合同チームで大会に出場します。
全国優勝を何度もされている日本一の指導者に楽しく教えていただきます。

最近の試合結果

奈良県総合文化祭出場
全国高等学校総合文化祭出場

 


吟詠剣詩舞って

●詩吟の伴奏に合わせて歴史的名場面を演舞する、華麗な伝統ミュージカルです。22年度の全国大会(宮崎)では遷都1300年にちなみ、遣唐使阿倍仲麻呂・李白・玄宗皇帝・楊貴妃などを演じ、古代ドラマを現出させました。(写真@〜C)
●刀を使う「剣舞」と扇で舞う「詩舞(扇舞とも言います)」があります。
●本来が詩吟・剣舞・詩舞の3つのジャンルが融合したコラボレーション芸能なので、和太鼓などとのコラボステージも行います。(写真D 天理教校学園和太鼓チームとのコラボステージ)

   

本校吟詠剣詩舞部のポイント

●現在部員数 女子5名 練習日は月・水・金

●毎年全国大会に出場します。
●全国優勝を何度もされている日本一の指導者に楽しく教えていただきます。
●橿原高校との合同練習を行い、合同チームで大会に出場します。(写真E 合同練習 NHKの取材を受けています)
●本校での練習場所は、榛館2階のグループレッスン室(図書室の上)です。

●珍しい部活なので、よくマスメディアの取材を受けます。

部活動の効能

●姿勢・歩き方・身のこなし、そしてなにより「こころ」が美しくなります。
●着物・袴の着こなしやたたみ方が身に付きます。
●全国のあちこちに出かけ、他府県の高校生と交流し、見聞を広めることができます。
●3年間続けると「全国大会連続出場」の履歴が出来上がります。

【感動のエピソード】

平城遷都1300年の風に乗せて、宮崎・高鍋への激励の千羽鶴

 平成22年度の全国高等学校総合文化祭吟詠剣詩舞部門は、宮崎県の高鍋町で行われました。奈良県は本校と橿原高校の合同チームで参加。平城遷都1300年にちなんだ演舞を披露すべく、最後の練習に励んでいました。
 大会が行われる高鍋町に、高鍋農業高校があります。その畜産科の生徒たちが育てた牛や豚が、口蹄疫の被害にあい、全頭殺処分となりました。自分たちの深い悲しみに耐えながら、地域の畜産農家を励ますために黙々と千羽鶴を折り続けている高校生たちの姿が、テレビのニュースに映し出されたのは、大会(8月1日)の一週間前でした。
 自分たちが演舞する会場の、すぐ隣にいる高校生たちが未曾有の試練の中で必死に前を向こうとしている。奈良県代表チームの生徒達の心に、もう一つ、別の火が灯り、それは即座に行動に移されました。「高鍋に、私たちの千羽鶴を届けよう!」
 立場は違うけれども、同じ高校生として、少しでも彼らの気持ちにつながり、支援したいと考えた舞姫たちは、練習の合間に千羽鶴を折り続けました。
 千羽鶴は出発の日に完成し、それに添える寄せ書きは前日リハの合間に仕上げました。それらは大会前の交流会行事に急遽付け加えられた贈呈セレモニーの中で、宮崎県代表の高校生に贈呈することになりました。代表生徒からの感謝の言葉と、会場からは大きな拍手をいただきました。千羽鶴と寄せ書きの白扇は大会当日、会場入口に設置され、来場される方々に披露されました。
(写真F・G) ※このエピソードは奈良県教育委員会が設置する「いきいき学校掲示板 感動のエピソード」部門に紹介され、22年度の優秀賞に選ばれました。

@平城宮跡にて A三笠の山に出でし月かも〜
B楊貴妃です C宮崎全国大会の舞台を終えた奈良県合同チーム
D和太鼓とのコラボレーションステージ(近畿大会にて) E合同練習 NHKの取材を受けました
F千羽鶴と寄せ書き扇 受付横に披露されました G寄せ書き扇のアップ

 

全国行脚の記録

● 平成23年 福島大会

                                3.11の夏、福島に「絆」のメッセージを届けました

     
                                            

 

●平成24年 富山大会

                                総勢11人による「兜」に挑戦! 最後の決めポーズ、兜にみえますか?

   

 

●平成25年 長崎大会

                                好評につき「兜」再演。合同チームは13人に増えました。

     

 

●さて、平成26年 全国高等学校総合文化祭茨城大会では、坂本龍馬が登場します。

         

          出るか!?    飛び込み前転・・・・ 乞うご期待

国際交流&奇跡の演舞

   

左:マレーシア舞踊団との国際交流   右:後ろ向きに扇を投げる離れ業見事成功!

平成25年11月奈良県文化会館国際ホール 県総合文化総合発表ステージにて

上に戻る