学校紹介

概要

  本校は、大正10(1921)年に北葛城郡立高田高等女学校として開校しました。2年後には郡制廃止に伴って県立に移管し、奈良県立高田高等女学校となり、以来、県中和地域の女子中等教育の拠点として発展しました。昭和23年には、奈良県立高田高等学校と改称するとともに、男女共学の総合制高校に移行し、商業課程や定時制夜間課程が設置されました。さらに、時代の要請を受けて昭和23(1948)年に王寺分校が、昭和41(1966)年には女子課程も設置されましたが、昭和40年代初頭から半ばにかけて、その役割を終え廃止されていきました。
  この間、昭和26(1951)年には、後に香淳皇后の専属デザイナーとなられた田中千代氏デザインによる女子の制服が制定されました。この制服は、当時の美術科教諭龍神頴夫氏が考案した胸のエンブレムとともに、現在に至るまで変わることなく受け継がれています。その後、全日制、定時制とも普通科のみの高等学校として着実な歩みを重ね、昭和59(1984)年には、「自彊」「和敬」「創造」の校訓が制定されました。
  平成8(1996)年には、現在の「総合的な学習の時間」の取組の先駆けとなる教科「探究」が創設され、全国から多くの先生方が視察に来校される状況にもなりました。また、平成18(2006)年には小学校等の教員を志す生徒たちのために、全国で初めて「教育コース」が設置されました。このコースからは、大学卒業後に、すでに多くの人材が教員として採用されており、学校現場で活躍されているところです。平成23(2011)年には、創立90周年記念式典を挙行することができましたが、その一方で長らく続いた定時制課程を閉じることになりました。卒業生は3万1千名を超え、現在、創立百周年に向けて、中期目標・めざす学校像・めざす生徒像を定め、一層の教育の充実を図っているところです。
 「自彊」「和敬」「創造」の校訓のもと、「文武両道」をモットーとして、生徒たちは勉学に、部活動にと日々意欲的に活動しています。部活動加入率は9割以上と非常に高く、毎年多くの部が近畿大会や全国大会に出場しています。3年間のすべての教育活動を通じ、知・徳・体の調和のとれた人間形成を目指し、生徒がそれぞれの目的を達成することができるよう、教職員と生徒が一丸となって日々の教育活動に取り組んでいます。

校内点描

正面玄関 中庭から望む本館 南館の天体ドームを望む 東門から生徒昇降
正面玄関 中庭から望む本館 南館の天体ドームを望む 東門から生徒昇降
四月の中庭 五月の中庭 中庭の藤棚 玄関前の「静御前」の句碑
四月の中庭 五月の中庭 中庭の藤棚 玄関前の「静御前」の句碑
校舎とバラ 卒業記念品のブロンズ像 卒業記念品のブロンズ像 定時制課程メモリアル
校舎とバラ 卒業記念品のブロンズ像 卒業記念品のブロンズ像 定時制課程メモリアル

ページのトップへ戻る