学校長より


    ご あ い さ つ                
学校長 佐藤 雅之
                                                           
 高田高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
本ホームページでは、高田高校の多様な姿をお知らせしています。ホームページのあちらこちらを開いていただき、本校の歴史と伝統、今の躍動を感じていただければ幸いです。
 本校は、大正10(1921)年4月に高田高等女学校として創立され、昭和23(1948)年には新制高等学校の発足にともなって男女共学の奈良県立高田高等学校となり、本年度で開校以来96年目を迎える歴史と伝統を有する学校です。学校の詳しい沿革は、当ホームページの「学校紹介 概要」や「沿革」をご覧ください。

 本校正門北側を東西に延びる道は、『日本書紀』推古天皇21(613)年条に「難波より京に至る大道を置く」と記された、難波(なにわ)と飛鳥京を結ぶ「大道」にあたると考えられています。
 古代より大阪と大和、そして伊勢をつなぐ街道であり、本校の東北角近くで吉野・大峰山、高野山へ向かう下街道とも交差する交通の要路でした。古代より多くの文人墨客が往来し、松尾芭蕉や吉田松陰なども歩んだことが知られています。
 本校が所在する大和高田市は、こうした交通の要所として発展し、大和を代表する商都として栄えてきました。その豊かな歴史に彩られた地で、90年以上地域の方々に愛され見守られて、その歩みを進めてきました。本年度も、4月11日(火)に360名の新入生を迎え、生徒たちの明るい声がキャンパスに響いています。

 本校は、来る平成33年度に創立100周年の節目を迎える学校として、これまでの歴史と伝統を守りつつ、新たな歴史の創造に取り組み、魅力ある教育活動を本年度も進めて参ります。
 なお、本年度から校舎の耐震化工事と改修工事を順次実施していく予定です。近隣の皆様にはなるべくご迷惑をかけないよう工事を進めますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 また、生徒や保護者の皆様には、何かとご不便をかけることになりますが、ご協力をお願いします。

最後に、保護者や同窓生の皆様、地域の皆様に、より一層のご支援とご協力をお願いし新年度のご挨拶とします。
                                                                         

 

ページのトップへ戻る