ホーム > 校長挨拶

校長挨拶

校長挨拶

奈良県立高取国際高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

平成30年4月に、伝統ある高取国際高校に着任いたしました校長の永井です。

奈良県立高取国際高等学校は、平成17年に前身の高取高等学校(昭和59年に全日制普通科として開校)から国際科の専門高校に改編され、さらに平成25年度からは国際英語科・国際コミュニケーション科・普通科を併置し、これまで7580人の卒業生を輩出しています。

 「日本人の心のふるさと」と言われる高取・明日香地域の豊富な文化遺産に学び、多様な国際交流や外国語学習を積極的に進め、広い国際的視野と豊かな国際感覚を養うために、各科に以下の特色を持たせています。

<普 通 科>
基礎学力を重視し、自己の特性を生かした科目選択や学校設定科目を活用し、多様な進路希望の実現を可能にしています。

<国 際 英 語 科>
英会話や翻訳・通訳・演習などの専門科目を通して、幅広い知性や実践的な英語力の育成を目指しています。

<国際コミュニケーション科>
文系科目のほか、「第二外国語(韓国語・中国語・フランス語・スペイン語)」や郷土学習「あすか学」を通して理解力や表現力の育成を目指しています。


 このほかにも、アメリカ・オハイオ州のビーチウッド高校とシェーカーハイツ高校、フランスのボワシ・ダングラ高校といった姉妹校との相互訪問や英語研修派遣事業などに取り組んでいます。また、平成7年度から海外修学旅行を続けている県下唯一の県立学校でもあります。
 このように、開校以来、推進してきた国際理解教育をより充実発展させ、磨かれた知性と豊かな国際感覚を身につけ、実社会を生き抜く強い心と人を思うあたたかい心をあわせ持つ生徒の育成に努めています。
 これからも、本校の特色ある教育活動に真摯な姿勢で取り組み、「地域に信頼され、愛される学校づくり」「生徒達が輝く学校づくり」を進めていきたいと思います。 皆様方のご支援・ご協力を賜りますようお願いいたします。


                           平成30年4月
                            奈良県立高取国際高等学校
                                校 長  永井 工仁

▲ページトップへ