ホーム > 学校紹介 > 学校の沿革

学校の沿革

学校紹介

沿革

昭和58年 3月14日 昭和57年度第179回定例県議会において、県立第15高等学校の用地取得費及び建設費が承認議決される。
昭和58年 4月1日 奈良県教育委員会事務局内に、奈良県立高等学校設置準備事務所を開設。
昭和58年11月11日 校章、制服を制定。
昭和58年12月13日 奈良県立高等学校設置条例の一部を改定する条例の公布により、校名を「奈良県立高取高等学校」と決定。
昭和59年 4月1日 奈良県立高取高等学校として開校。 初代校長 的場好之 他17名教職員着任。
昭和59年4月11日 開校式、第1回入学式(於 高取小学校体育館)挙行(男子111名・女子114名)
昭和59年 6月23日 育友会、文化・体育後緩会発足
昭和59年11月11日 創立記念日に制定
昭和59年 12月21日 新校舎へ移転。第3学期より新校舎で授業を開始。
昭和60年 4月8日 第1回AFS年間留学生2名来校。以後毎年AFSを受け入れる。
昭和60年 5月1日 校歌制定。
昭和61年5月29日 落成式挙行
昭和61年12月20日 アメリカ、ビーチウッド、シェーカーハイツ両高等学校と姉妹校提携。
昭和62年2月25日 第1回卒業証書授与式挙行。(卒業生218名)
昭和62年3月4日 アメリカ姉妹校へ第1回留学生派遣。教員・生徒11名。
昭和62年6月26日 アメリカ姉妹校より教員・生徒12名来校。
昭和62年12月10日 格技場完成。
平成4年4月1日 国際科を設置。
平成4年12月1日 コンピュータ教室を設置。
平成5年11月2日 創立10周年記念式典挙行。
平成6年10月26日 「国際交流ホール」落成記念の集い。
平成11年5月27日 韓国扶余高等学校と姉妹校提携。
平成13年3月17日 フランス、ボワシ・ダングラ高等学校と姉妹校提携。
平成15年11月22日 創立20周年記念式典を挙行。
平成17年3月1日 奈良県立高取高等学校第19回卒業式が挙行される。
平成17年4月1日 条例により奈良県立高取国際高等学校に校名を変更する。国際英語科、国際コミュニケーション科、国際文化科を設置。
平成25年4月1日 国際文化科に替わり、普通科を設置
平成25年11月9日 創立30周年記念式典を挙行。

▲ページトップへ