十津川地域中高一貫教育 ふるさと学 > 歴史・文化分野 > 十津川の寺

十津川地域中高一貫教育 総合ワーキンググループ

十津川の寺について
title_or.png

十津川に残った寺(その2)

龍光寺について
桑畑 実は、私の住む桑畑にも寺の跡があり、その寺は龍光寺という名前でした。
そこで、龍光寺について調べてみました。
龍光寺は、桑畑の国道168号線から山道を100メートルほど登った所にあります。

龍光寺への道龍光寺への道

 龍光寺は今では神社になっており、毎年10月になるとお祭りがあり餅まきをしたりします。そのお祭りには、歴代和尚の供養の意味もあるようです。その理由は、寺を壊した後、桑畑の人々は、畑や田んぼとして利用しましたが、何故か全く作物が出来ず、桑畑の人々は寺を壊したたたりだと思ってとして恐れました。それ以来、元々あった場所は寺の地主によって、植林されているそうです。
そこで私は実際に寺跡へ行ってみました。
龍光寺の寺跡右の写真は龍光寺の寺跡です。


 また、下の写真のように確かに植林されていました。
植林されていた寺跡植林されていた寺跡


 下の写真は歴代の住職の墓です。神社の下の方にありました。
歴代の住職の墓歴代の住職の墓