奈良県立十津川高等学校 「十津川の旅」 > 食べる十津川 > ふるさとの味

遠い分だけあったかい 十津川の旅

食べる十津川

自然の恵み「ふるさとを味わう旅」

ふるさとの味

ふるさとの味には、ゆべし、めはり寿司、しし鍋、鮎、あまご などがあります。

・めはり寿司
 (ご飯を塩漬けの高菜で巻いたもの)
めはり寿司

めはり寿司は、食べる時に目を見張るほど大きなものだったので、このような名前がついたと言われています。

十津川では、日常的に食べられています。

・ゆうべし
 (ゆずの実に味噌やそば粉を入れ、熟成させたもの)
ゆうべしゆうべし

・なれずし
(塩漬けした秋刀魚[さんま]や鮎などを柔らかく炊いたご飯にのせ、醗酵させたもの)
なれずしなれずし

・猪鍋[ししなべ]
(猪の肉を使った鍋。ぼたん鍋とも言う。)
猪肉猪鍋

・田舎まんじゅう
(つぶし餡[あん]が入った皮の厚い饅頭)
田舎まんじゅう