奈良県立十津川高等学校 「十津川の旅」 > 食べる十津川 > オリジナルめはり寿司

遠い分だけあったかい 十津川の旅

食べる十津川

自然の恵み「ふるさとを味わう旅」

オリジナルめはり寿司作り

新しいふるさとの味を考えようということで、オリジナルめはり寿司を作ってみました。

温泉水
 まず、米を炊くときに温泉水を使用しました。黄色がかった、少し塩気のあるご飯になり、おにぎりにもってこいの味でした。
 中身の具に、昆布、梅じゃこ、ツナマヨネーズ、さけ、十津川の郷土食ゆべしを入れました。
 作る前、周囲の人たちは、みんな否定的でしたが、実際に試食してもらうと大好評でした。

めはり寿司(昆布)
・昆布

めはり寿司(ツナ,シャケ,ゴマ,梅,じゃこ)
ツナ,シャケ,ゴマ,梅,じゃこ

めはり寿司(ゆうべし)めはり寿司(ゆうべし)
・ゆうべし


 このオリジナルめはり寿司が好評だったので、アイデアを売り込みにホテルに行きました。
 ホテルの方にも、アイデアを気に入ってもらい、レストランのメニューに取り入れられることになりました。
 郷土食の伝統を守りつつ、新しいオリジナルめはり寿司を、日本各地で食べてもらえるような活動をしていきたいと思います。
 その第一歩として、次は道の駅などにもアイデアを売り込みに行きたいと考えています。

ホテルの支配人さんとホテルのメニュー