奈良県立十津川高等学校 「十津川の旅」 > 歩く十津川 > 果無→果無峠

遠い分だけあったかい 十津川の旅

歩く十津川

古人の拓いた道「熊野古道の旅」

果無峠 (熊野参詣道小辺路)
 果無峠は、苔むした石段の道で、道端には西国三十三カ所観音霊場の石仏があります。
果無峠果無峠

果無にて果無にて果無峠から望む果無峠から望む


果無 → 観音堂 → 果無峠 を歩く
果無 → 観音堂 → 果無峠

果無集落果無集落
峠へ向かう峠へ向かう
天水田立札天水田立札
天水田周辺天水田周辺
山口茶屋跡山口茶屋跡
山口茶屋跡周辺山口茶屋跡周辺
周囲の山々周囲の山々
観音堂観音堂
観音堂立札観音堂立札
果無峠果無峠
33番 華厳寺 十一面観世音33番 華厳寺 十一面観世音
32番 観音正寺 千手観世音32番 観音正寺 千手観世音
31番 長命寺 聖観世音菩薩31番 長命寺 聖観音
30番 宝厳寺 千手観世音菩薩30番 宝厳寺 千手観音
29番 松尾寺 馬頭観世音菩薩29番 松尾寺 馬頭観音
28番 成相寺 本尊聖観世音菩薩28番 成相寺 聖観音
27番 圓教寺 如意輪観世音菩薩27番 圓教寺 如意輪観音
26番 一乗寺 千手観世音菩薩26番 一乗寺 千手観音
25番 清水寺 千手千眼観世音菩薩25番 清水寺 千手千眼観音
24番 中山寺 十一面観世音菩薩24番 中山寺 十一面観音
23番 勝尾寺(弥勒寺) 千手千眼観世音菩薩23番 勝尾寺 千手千眼観音
22番 総持寺 千手千眼観世音菩薩22番 総持寺 千手千眼観音
21番 穴太寺(菩提寺) 本尊等身聖観世音菩薩21番 穴太寺 等身聖観音
20番 善峯寺 千手観世音菩薩20番 善峯寺 千手観音
19番 行願寺(革堂) 千手観世音菩薩19番 行願寺 千手観音
18番 頂法寺(六角堂) 如意輪観世音菩薩18番 頂法寺 如意輪観音
17番 六波羅蜜寺 本尊十一面観世音菩薩17番 六波羅蜜寺 十一面観音

「熊野参詣道・小辺路」は、古来から金剛山・金剛峯寺と田辺市本宮町・本宮大社を最短距離で結ぶ「信仰の道」です。その名残の地蔵や石畳、茶屋跡などを見た感想・意見です。

_Profile.jpg
茶屋跡はなぜあんな山奥にあるのかなあと思いました。
_Profile.jpg
信仰の道にしては、険しい道だなあと思いました。石畳はまるで石の絨毯のようだったと思います。天気がよかったので、途中の眺望から釈迦の像が見られて「すごい景色やなあ」って、ちょっと感動しました。周りが山ばかりで、改めて十津川村は自然に囲まれているところだなあと思いました。
_Profile.jpg
地蔵は全部見たわけではないと思いますが、1体1体表情が違っていたし、いろんな格好をしていておもしろかったです。石畳はガタガタしていたり、崩れている所もあったけど、苔が生えたりしていて歴史を感じました。
_Profile.jpg
石仏が多く、仏教の通り道といってもうなずける山道だった。信仰の道であるために、仏像が置かれた観音堂がある所を見ると、本宮大社に向かう途中で寄っていた人がいたのかも知れない。最短距離で結ばれている所を見ると、昔の人はこの道を重宝していたんだろうと思う。
_Profile.jpg
所々に地蔵や石畳などがあり、人々が昔歩いていた所なんだと思いました。そこをまた自分が歩くというのは、昔の人と同じ気持ちになれる部分もあるんだと感じました。特に地蔵は歩く人々を昔から見守り続けているので、今自分たちはどのように映っているのだろうと考えてしまいました。
_Profile.jpg
小辺路を歩いていると地蔵が多く、「信仰の道」と呼ばれている理由が分かったような気がします。
_Profile.jpg
石畳は少し崩れたり、ガタガタな所もあり、古くから使われていたんだなあと思いました。小さな地蔵がたくさんあり、昔の人々はお参りしながら歩いていたのかなあと思いました。これでも最短距離の道なんだなあと思いました。