ホーム > 進路情報

進路情報

進路状況

育友会進路講演会

2月6日(土) 10:00~12:00
200名以上もの保護者の方々のご参加(1年生保護者91名、2年生保護者113名)をいただきました。お忙しい中、ありがとうございました。
講演等の内容については以下のとおりです。

○「第一志望校へ現役合格するために~"受験生"をもつ保護者としての心構え~」
   ベネッセコーポレーション(大阪支社高校営業グループリーダー 藤原 真二郎)
・現在の入試環境について
 ・教育改革について
 ・新しく求められてくる力について
 ・効果的な学習法と保護者として心がけてほしいことについて
○畝傍高校の取組について
   進路指導部(部長 伊吹 徹)
 ・今年度の入試概況について
 ・保護者としての心構えについて
 ・次年度以降の入試の変革と本校の取組について

先輩の話を聞く会(1年生)

9月16日(水)、パネルディスカッション方式で、4名の大学生(本校卒業生)が1年生生徒を対象に話をする、「先輩の話を聞く会」を下記要領で実施しました。
 司会は1年生が務め、先輩の話を上手に引き出していました。大変参考になる話が多く、類型登録を控えた生徒たちは真剣な態度で聞いていました。また、質疑応答では生徒から積極的な質問がありました。

1 目  的 今年度卒業した先輩から進路に関する体験談や考え方を聞き、
        自らの類型選択のあり方について考える。
2 日  時 9月16日(水)5、6限(13:25~15:15)
3 場  所 文化創造館
4 形  式 パネルディスカッション形式
5 パネラー 文系2名:大阪大学生(外国語学部)、大阪市立大学生(商学部)
         理系2名:京都大学生(工学部)、大阪大学生(基礎工学部)
6 内  容 高校時代の学習方法と類型選択のあり方について
         ① 進行からパネルディスカッションの内容について説明(5分)
         ② 各パネラーから自己紹介(10分)
         ③ 大学進学の目標設定と類型選択のあり方について(30分)
           (1) 目標設定への動機
           (2) 大学での研究内容や将来の職業について
           (3) 類型選択の方法・理由
           (4) 類型に分かれてからの学習
         ④ 休憩(10分)
         ⑤ 高校時代の学習・生活について(30分)
           (1) 部活動と勉強の両立
           (2) 塾に対する考え方や活用方法
           (3) 1年生で今の間に学習しておきたいこと
           (4) 大学受験時の苦労
           (5) 3年間を振り返って
         ⑥ 質疑応答(5分)
         ⑦ 学年主任からのまとめの話(5分)

早稲田大学模擬講義

 9月12日(土)、1年生生徒24名が参加して、早稲田大学の模擬講義を受講しました。
 国際教養学部の太田 宏教授より、国際関係論の視点から現代の国際問題や地球規模の問題を高校生向けに解説していただきました。また、グローバルに活躍する人材になるための素養についてのお話もしていただきました。

日時 9月12日(土) 13:30~15:40
会場 多目的D教室
内容 13:30~15:00 講義「国際関係論入門」
    国際教養学部 教授 太田 宏
      コロンビア大学大学院政治学部博士課程修了、Ph.D.
      専攻分野:国際関係論、国際環境政治、グローバル・ガバナンス論、日本外交論
    15:10~15:40 早稲田大学説明会(入学センター職員)

先輩の話を聞く会(2年生)

 9月9日(水)、2年生生徒が志望する学部ごとに16の教室に分かれて、本校卒業のその学部の大学生や大学院生と懇談会形式で話し合う会を下記の要領で実施しました。総勢50名の大学生(本校卒業生)が、話をするとともに質問などを受けました。
 和気藹々とした雰囲気で笑顔が開く教室、真剣なまなざしで先輩の話に耳を傾ける教室など、さまざまな風景が印象的でした。最後に進路指導室に戻ってきた学生たちが、後輩の高校生からの感想文に食い入るように見入っていた姿も心に残りました。

期日:9月9日(水)
時間:午後1時25分~午後3時15分 (5、6限)
対象:2年生全員
講座:1法  2文学  3外国語  4心理・社会  5教育  6芸術  7経済・経営・商  8家政・生活  9体育  
    10理学  11工学  12農学  13医学  14薬学  15看護
場所:講座別に教室を分けて実施
内容:以下のような項目について先輩の学生から話を聞いて話し合います。
    1.なぜその学部、学科を志望したか
    2.今、大学で学んでいる内容の簡単な説明
      ・どんな科目を学ぶのか
      ・どのように学ぶのか(実験・実習・講義の形態など)
      ・その学部、学科の楽しさ、おもしろさや苦労
      ・大学院へのつながり など
    3.学生生活全般についての説明
      ・大学の雰囲気  ・学部の雰囲気  ・授業の様子  ・1日の流れ 
      ・部活動、サークル  ・4年間(6年間)の流れ  ・通学時間、方法  ・施設設備 など 
    4.大学で今後どのような研究に取り組むか
    5.その学部、学科の人が進む進路および、どのような進路に進みたいと考えているか

進路講演会(1年保護者対象)

日時:9月9日(水) 13:15~14:15
内容:講演「大学や社会をとりまく現状と進路選択」
        リクルートマーケティングパートナーズ 進学事業本部進路サポート部
        西日本推進グループ 専任講師  鳥居 佳子

 台風の接近もあり、あいにくの雨天となりましたが、およそ250名の多くの保護者の方の参加をいただきました。ありがとうございました。講演では、「文理選択について考えること」「就職環境と社会で求められる力」「保護者と子どものコミュニケーション」など、進路選択に関わって、さまざまなお話をいただきました。
 なお、参加をいただけなかった保護者の方には、お子様を通じて資料の一部をお配りしていますのでご覧いただければと思います。

H27.8.28 大阪大学見学会

実施日 8月28日(金)
参加者数 畝傍高校生 73名
       大阪大学生(畝傍高校出身) 9名
日程 10:00~12:10
     Aコース 講義体験 大阪大学基礎工学部教授 岩井成憲先生
          基礎工学部研究室見学
     Bコース リーダーシップ論の体験授業(法学部国際公共政策学科)
    12:20~14:30 昼食および大学施設見学(本校卒業の阪大生とともに)
    14:50~15:10 吹田キャンパス内見学(バスにて)

岩井成憲教授による大学講義体験
日本の大学の研究活動の状況や大阪大学の歴史や現状についてお話をいただいた後、生命科学について、最新のニュースも加えながら、わかりやすくお話しいただきました。1年生には少し難しい内容でしたが、懸命に耳を傾けている姿が印象に残りました。
研究室見学風景
4班に分かれて基礎工学部の4つの研究室を見学しました。
研究室では、大学の先生方にミニ講義や実験をしていただきました。高校の授業では出てこないような珍しい実験などもあり、生徒たちは興味深く話に聞き入っていました。
文法経講義棟22番教室にてリーダーシップ論の体験授業
大学生のファシリテーターによる誘導で、「もっと多くの人に奈良県に来てもらうためにはどうすればよいか」について、グループディスカッションを行いました。議論の進め方、大学生活などについて大学生からたくさんのアドバイスをいただきました。
学食での昼食風景。先輩の阪大生とともに。
食堂「宙(sora)」では人気のオムライスや大阪王将のがっつりした定食、そしてソフトクリームなどをみんなでいただきました。
先輩の案内で構内を見学しました。
グラウンドでの部活動の様子や図書館などを見学しながら、大学生活の様子を聞かせていただきました。最後は生協で阪大グッズに歓声が上がっていました。人気はぬいぐるみの「ワニ博士」。誰か購入した人はいたのでしょうか?

H27.8.24 京都大学見学会

実施日 8月24日(月)
参加者数 畝傍高校生 86名
       京都大学生(畝傍高校出身) 11名
日程 10:15~11:00 講義体験 京都大学農学部教授 近藤 直 先生
    11:15~12:15 昼食(海外からの留学生とともに学食で)
    12:15~13:15 海外からの留学生との交流会
    13:15~14:30 研究室見学(農学部)もしくは先輩(畝傍高校出身の京大生)との懇談
    14:30~15:20 大学施設見学(畝傍高校出身の京大生とともに)

近藤直教授による大学講義体験
京都大学の紹介や大学のグローバル化、世界の農業の現状などについて、わかりやすくお話をいただきました。
学食での昼食風景
海外からの留学生との話が弾みました。
海外からの留学生との交流会
英語を使ってのジェスチャーゲームで笑顔がはじけました。
中国、台湾、インドネシア、ケニア、バングラデッシュ、タイの留学生と英語でコミュニケーションを図りました。
先輩(畝傍高校出身の京大生)との懇談会
先輩の話に真剣に耳を傾けている生徒の姿が見られました。
研究室見学(農学部)風景
5班に分かれて、それぞれ4カ所の研究風景を見学しました。
それぞれの場所で10分程度の研究に関する講義を聴くことができました。
先輩と構内見学
ハードな一日の最後のスケジュール、「先輩と歩く京都大学」。
「元気な姿を撮らせて」と注文するとこのような写真になりました。
時計台前での記念撮影
疲れた中でも、笑顔いっぱいの記念写真が撮れました。

▲このページの先頭へ