ホーム > 定時制 > 定時制の沿革

定時制の沿革

君が創る歴史と伝統

明治29年03月13日 奈良県尋常中学校畝傍分校として仮校舎を高市郡八木町大字小房に設置。

明治29年04月13日 八木町晩成小学校校舎の一部を借りて開校。

明治30年05月05日 校舎新築落成式挙行。

明治32年04月01日 分校を改めて奈良県畝傍中学校と称する。

明治34年06月21日 奈良県立畝傍中学校と改称。

昭和08年10月25日 本館校舎完成。

昭和23年09月01日 学制改革により旧畝傍中の施設を利用して奈良県立畝傍高等学校を置く。

昭和23年09月01日 男女共学制による奈良県立畝傍高等学校開校。

昭和24年01月20日 定時制課程開校式挙行。

平成20年04月01日 畝傍高校の校地を使用して、奈良県立高田高等学校定時制課程と統合。

▲このページの先頭へ