三部制とは [ 科目の学習内容 ]

ホーム > 三部制 > 三部制とは > 科目の学習内容

○平成29年度の開設科目

科目名 学習内容
国語総合 「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読むこと」の力を総合的に養います。古典及び現代の文章を読解し、書いたり話したりする力を高めます。
国語表現 国語の表記と表現のきまりを学び、発表や作文など実践的な内容を通して国語を適切に表現する能力を養います。また、漢字を中心に基本的な言語能力を身につけます。
現代文B 近代以降の優れた文章を的確に読解する能力を高め、ものの見方を深めます。漢字・言語事項や読解の基本を確認・復習しつつ、読解力を養います。
古典B 国語総合で学んだ古文・漢文の語法や文法事項を発展学習して、古典を読解する能力を高め、作品に表れた古人の考え方や心情を味わいます。
現代文発展※ 近代以降の優れた文章を的確に読解する能力を高め、ものの見方を深めます。評論文、文学作品を精読し、批判力と鑑賞力を養います。
古典発展※ 古典Bに引き続き、古文・漢文の語法や文法事項を発展学習して、古典を読解する能力を高め、作品に表れた古人の考え方や心情を味わいます。
本を読む※ 「きみが見つける物語」を読んで意見を交換し、作品に表れた考え方や心情を味わって、ものの見方を深めます。音読の練習を行います。
実用国語※ 四字熟語、故事成語、文学史など、一般教養としての国語の知識を身につけます。
国語セミナー※ 問題集を使って実践的で発展的な学習をし、大学受験に対応できる学力を身につけます。
世界史A 「産業革命」以降の世界の歴史を学習します。
世界史B 世界の歴史を大きな枠組みで古代から近代まで学習します。
日本史B 日本の歴史を古代から近代まで学習します。
地理A 地図の読み方、地形や気候など地理の基本事項について学び、世界の諸地域の生活・文化・地域のもつ課題等について学習します。
総合地誌※ 世界各地や全国各地の地理・歴史・文化などについて学習します。
近現代史※ 19世紀〜20世紀の日本や世界の歴史を学習します。
現代社会 現代社会の諸課題について学習します。
数学T 方程式と不等式、二次関数、図形と計量、データの分析について学習します。基礎的な計算も含めて学習します。
数学U 式と証明、高次方程式、図形と方程式、いろいろな関数、微分・積分の考え方について学習します。
数学V 微分・積分、複素数などについて学習します。
数学A 場合の数と確率、平面図形、整数の性質について学習します。
数学B 数列、ベクトルについて学習します。
数学活用 具体的な事象を考察を通して、数学と人間の関わりや社会的な有用性について学習します。
数学補充※ 方程式と不等式、二次関数、図形と計量、データの分析について学習します。
数学入門※ 高等学校の範囲にこだわらず基礎的な計算力や思考力を身につけます。
数学セミナー※ 高等学校の範囲を通して、応用力を身につけます。
科学と人間生活 自然と人間生活とのかかわり、科学技術が人間生活に果たしてきた役割について学習します。
物理基礎 物体の運動やエネルギー、物理学の基本的な原理・法則について学習します。
物理 物理基礎をより発展させた内容を取扱います。運動、熱、波、電気、磁気などについて数式を用いて学習します。
化学基礎 物質とその変化、化学の基本的な概念や原理・法則について学習します。
化学 化学基礎をより発展させた内容を取扱います。物質の状態、無機化学、有機化学などを学習します。数量的な取扱いが中心です。
生物基礎 生物や生物現象への関心を深め、生物学の基本的な概念や原理・法則について学習します。
生物 生物現象と物質、遺伝子、生殖と発生、生物の環境応用、生態、進化と系統について詳しく学習します。
地学基礎 地球や地球を取り巻く環境への関心を深め、地学の基本的な概念や原理・法則について学習します。
化学基礎探究※ 化学基礎の発展した内容です。
生物基礎探究※ 生物基礎の発展した内容です。
体育 基礎的な体力の向上を目指し、一年を通じていろいろなスポーツに親しみます。卒業までに7単位が必要です。
保健 思春期の心や体の健康状態、生活習慣をよく理解し、学んだことを日常生活に生かせるようにします。
ニュースポーツ※ 生涯スポーツの理念を理解し、さまざまなスポーツを通じて身体を動かすことの喜びや爽快感、達成感を味わいます。
障害者スポーツ※ 福祉について理解を深め、スポーツを通じたバリアフリーを実現し、誰とでもプレイできる楽しさを広げます。
芸術 音楽、美術、書道より選択します。2年次に選択します。
コミュニケーション英語T 英語の基礎と基本的な対話文・日常会話を中心に学習します。
コミュニケーション英語U 基本的な文法事項を確認しながら、コミュニケーション英語Tで養った能力を伸ばします。物語や評論などの文章を学習します。
コミュニケーション英語V コミュニケーション英語T、Uで学習したことを発展させ、さらに深い内容を学習します。比較的長い英文を読みます。
英語表現T 英語4技能のうち、「話す」「書く」能力の基礎を養います。
英語表現U 英作文の基礎を学習します。英語表現Tの内容をさらに発展させます。
英語セミナー※ 聞く、話す、読む、書くの総合的能力を養い、文型や文法を学習します。入試に向けた傾向と対策にも重点を置きます。
カルチャースタディ※ 様々な教材を利用して、英語表現を学習し、いろいろな人物、地域、歴史にふれます。
家庭基礎 家庭科に関する基礎的・基本的な知識と技術を学びます。全国高等学校家庭科食物調理技術検定4級を受験します。
消費生活 多様化する販売方法や流通のしくみについて理解を深め、家計と生活設計・消費者問題・契約・環境問題などについて学習します。
ファッション造形基礎 手縫いの基礎とミシンを使用した実習を中心に行います。全国高等学校家庭科被服製作技術検定4級・3級を受験します。
フードデザイン 栄養・食品・調理などに関する知識と技術を実習を通して学習します。全国高等学校家庭科食物調理技術検定3級・2級を受験します。
子どもの発達と保育 子どもの発達や特徴、子どもの生活と子育て支援などに関する知識を学びます。折り紙や児童文化財の製作や保育に関する実習を行います。また、校外で幼稚園実習を行います。
リビングデザイン 住生活や色彩に関する基礎的な学習及び実習を行います。また、立体模型製作などを行います。
いきいきライフ※ 社会人として必要なマナーと暮らしの歳時記を学び、趣味を増やすための実習を行います。
社会と情報 コンピュータや情報通信ネットワークなどの活用を通して、情報を適切に処理するための基礎的な知識と技能を学習します。
ビジネス基礎 経済生活とビジネス諸活動の関係について学習し、ビジネス社会に適切に対応できる知識や技術を学びます。
簿記 商品売買業における日常の商取引を記録・計算・整理することによってビジネスの諸活動を計数的に把握する能力の基礎を学習します。
情報処理 コンピュータに関する基礎的な知識、表計算・文書デザインに関する知識と技能について学習します。
広告と販売促進 広告物など商業デザインの基礎的な知識と技能を学習します。また、ビジネスにおける販売活動について学習します。
簿記発展※ 簿記の学習内容をさらに発展させ、企業経営に欠かせない計算や記帳に習熟するための学習をします。
ビジネスマナー※ 実社会で必要とされる基礎的な知識やビジネスマナーについて学習します。
奈良タイム※ 私たちの暮らす「奈良」について多角的に学習します。
総合的な学習の時間 自分自身を見つめ、他者との関わりを考えながら、自らの人生設計について考える能力を養います。

※印の科目は学校設定科目です。

ページの先頭へ